blog top Category Archive All title Search RSS Admin
プロフィール

YSK・EIGHT・GOZILAH @ BABYLON

Author:YSK・EIGHT・GOZILAH @ BABYLON
♪バビロンライフスタイル垂れ流し系♪The Babylon Lifestyles

YSK@TOKYO, JP
EIGHT@TOKYO, JP
GOZILAH@NYC, US

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20110213]
It was a such a film week for me. I went to another film screening. This time it was for
"Who is Bozo Texino?" by Bill Daniel. It all starts with "Bozo Texino" which is a drawing
seen on boxcars for more than 80 years (a long time before kids started painting colorful
pieces on sides of boxcars with spray paint). It has been a mysterious secret society with
its underground world of hobo and rail worker drawing/writing on them.I guess the Hobo
culture has inspired a lot of the freight writers.
They don't hop on trains but their pieces travel through America (depending on the lines,
some go to Mexico and Canada as well). Many of them learn which yard and which cars to
paint so it gets travel. And nowadays, you can even track the car with the car numbers
online or call the company.
This film makes me want to hop on a freight train and disappear.. Great film!

先週はなんか映画週間になってしまいました。二日目はBill Daniel製作の"Who is Bozo Texino?"
の試写会へ。アメリカの貨物列車に80年以上前から描かれてきた謎のキャラ"Bozo Texino"から
始まり、スプレーでカラフルなグラフィティピースが描かれるずっと前から、貨物列車に飛び乗り
旅するHoboや鉄道ワーカー等がオイルステックで描いてきた落書き。この謎めいた秘密の世界が
覗けます。必見♪
貨物列車の醍醐味はアメリカ中(線によってはメキシコやカナダ)を走ることで、どの車庫のどの
貨物に描けば何処へ行くとかちゃんと知っているライター達も数多くいます。今は便利な物で
貨物の番号を問い合わせれば何処にその貨物がいるのかもわかっちゃったりします。線路の上を
旅するのは自分じゃなくて描いたピースですが貨物列車への魅力はHobo文化から受け継がれている
のかもしれません。貨物に飛び乗ってどっかへ消えちゃいたい症候群発病で現実逃飛行。したい。。。

BozoTexino2.jpg


スポンサーサイト
2011-02-13(Sun) 13:40 Gozilah | 編集 |


copyright © 2005 YSK・EIGHT・GOZILAH @ BABYLON all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,


ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。